ニュース:ダイキンが、快適・強力な暖房を実現した新エアコンを発売


 ダイキン工業は、風を直接体に当てずに足元から暖める「垂直気流」と独自の「無給水加湿」により、エアコン特有の風の不快感や乾燥をなくした『うるさら7(Rシリーズ)』を2015年11月1日より順次発売すると発表しました。

 色々と説明されていますが、要点としては、(1)垂直気流による快適性向上 (2)低外気温時の暖房能力の向上の2点で、暖房シーズンに投入する新製品です。

 (1)垂直気流による快適性向上
 「垂直気流」は暖気を壁・床に沿わせて拡げることで、足元から暖める、新しい暖房方式です。
 運転開始時は新搭載の「人・床温度センサー」で床面の温度を細かく検知し、床を暖めます。
 その後、床面が十分暖まると「垂直気流」に切り替わり、「デュアルコアンダフラップ」が暖気を垂直に落とし、壁・床に沿って拡がる快適な気流を実現します。これにより壁から1m以上、床上30cm以上のエリアで風速0.3m/s以下の無風状態※9のまま、部屋全体を快適にします。

 以上がダイキンの説明ですが、下記の写真で違いがよくわかりますね。

垂直気流による暖房

 確かにこれだと、足元が暖かくて快適そうに感じます。でも、買う前に試してみたいですね。

(2)低外気温時の暖房性能の向上
 室外ユニットの構造を一新することで、大幅に暖房性能が向上しました。
 加湿ユニットを従来より約50%小型化することで熱交換器を大きくすることができ、暖房低温能力が約11%向上、マイナス15℃でも定格暖房能力を維持します。
 速暖性も向上させ、エアコンから6m離れた位置でも従来比約2倍の速さで設定温度に到達します。さらに「高温風モード」の搭載により、最高約60℃の吹出温度の運転も可能です。また、室外機の熱交換器下部に比較的暖かい冷媒を流す等、凍結しにくい構造を新たに採用し、外気温マイナス25℃(従来機はマイナス20℃)でも運転可能です。

 以上がダイキンの説明です。「エアコンから6m離れた位置でも従来比約2倍の速さで設定温度に到達」するとのことですが、いつの機種と比べて2倍なのでしょうか? そこで、詳しく読んでみると去年の11月に発売された機種と比べて2倍のスピードということなので、結構な性能向上ですね。
 確かに普通のエアコンだと真冬には室外機の凍結でよく止まります。それで部屋がなかなか暖まらないということはあります。買い替え理由のひとつではありますね。

 尚、機能向上による省エネ性能の劣化は無く、むしろ省エネ性能も向上しているとのことです。

 さて、実売小売価格の予想ですが、6畳用のAN22SRSで25万円くらいです。高いですね。でも来年の夏には15万円近くに下がると予想します。
 一般庶民としては、使ってみた人の口コミで良さそうだったら、来年の冬にはこれを使いましょうかね? でも、来年の冬には更に高機能の機種が出るのでしょうか。

エアコン暖房について


過去のニュース:
放射性物質、薪ストーブは安全か?
寒い冬のトイレの暖房は?
石油ストーブの販売台数が前年同期比16倍の突出
暖房を考えてエアコンを購入する
4月からは朝晩の暖房に過度の節電は不要
地震で石油ストーブが売り切れ。さてどうする?
停電の時の暖房は?
暖房器具の片付けはどうする?
東芝が寒冷地向けエアコン「あったか大清快」を発売
11月14日は今シーズン最後のコートの要らない日! さあ暖房機器の準備を
10月27日は各地で今シーズン一番の寒さ! どうする暖房?
ダイキンが新型セラムヒートERFT11LSを発売


暖房機器の選び方

暖房機器には様々な種類のものがあり、その機能や光熱費も年々変わってきています。現在の各機器の特徴を良く理解して、それぞれの状況に応じて最適な暖房機器を使うことが大切です。

主な観点は、空気暖房か輻射暖房か、暖房の強度、光熱費などのランニングコスト、機器価格、メインテナンス性、換気問題などです。

一般家庭にお薦めの暖房機器は?

マンションや普通の一戸建て住宅に2人以上でお住まいの一般家庭にお薦めの暖房機器は何でしょうか?。

ガスファンヒーター お薦めナンバー1はガスファンヒーターです。強力な暖房機能で部屋全体を瞬時に暖めます。給油の手間が無くメンテナンスも簡単で燃料コストや機器コストなどのトータルコストも安く、機器を買ってくればすぐに使えます。引越し直後や急に寒気団が来た場合などの緊急時には最適です。但し定期的に換気が必要です。

お薦めナンバー2は石油ファンヒーターです。 暖房能力が強力で、ガスファンヒーターとよく似ていますが、ガス栓が無い部屋でも使えます。一方で給油の手間がかかります。

お薦めナンバー3はエアコンです。暖房機能もそこそこ強力で、最新型機種では電気代が相当安くなりました。北海道などの寒冷地では電気代がかなり高くなるので、地域による考慮が重要です。また設置の準備や工事が必要で、機器価格も高くなります。

オイルヒーター

空気を汚さない暖房機器は?

お薦めはオイルヒーターです。オイルヒーターは数ある暖房機器の中で空気を汚す要素が断然少ない暖房機器で、最近非常に人気があります。一方で、電気代は高めになります。

贅沢感・高級感を満喫できる暖房機器は?

お薦めは薪ストーブです。高級感溢れるデザインのストーブに薪の炎の暖かさと優しさを感じて、生きる喜びを実感できます。しかし、設置の準備や工事、薪の調達、そしてメンテナンスなどにかなりの手間がかかります。